FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様々な事に生かせるテレビ的演出法




弊社では、映像制作にテレビ的演出を
入れることがあります。

これは、もちろん

その作る作品にもよります。

そして、この演出法は
すべての映像制作会社が
できるものでもありません。

テレビでの経験が
ある程度ないと

なかなか難しい演出です。

今回ご紹介するのは
「アバン」という手法です。

様々な番組や
番組の1コーナーでも
よく使われています。


なにかというと

例えば、二時間の特番などで

番組の最初に
これから放送する二時間をぎゅっと

3分くらいにした

おいしい部分を集めたVTRを

流します。


あれをアバンVTRと言います。

アバンを流すと

視聴者に期待していただけて

番組を最後まで見て頂ける

効果があります。

もちろん、

あまりにも大げさ過ぎたり

誇張しすぎると

視聴者は逃げてしまいますので

実は、微妙な調整が

大切となります。


この演出をすごく分かりやすく言うと

「おいしい部分は、
とっておかずに、先に出す」
ということです。

最後に驚かせたいから

とっておきたいと

考えがちなのですが

その前に

視聴者がいなくなってしまったら

何の意味もありません。


そしてこの技法は

何も映像制作に限ったことではなく

様々なことに

当てはめて生かせると思います。

例えば、企画書なら
一番伝えたい事を最初に書く

プレゼンも

一番言いたいことを

先ず最初に言う・・・・

などなど


もちろん番組によっては

おいしい部分を

最後まで言わないという

場合もあります。


ただそれも、計算しつくされた

演出なのです。

最初においしい部分を

出した方がいいという

基本を知っていて

さらに、そこから裏をかいて

あえて最後まで出さない・・など

考えて、計算されたものであれば

それでもいいと思います。


ぜひ皆さんも

ここぞという時に

今回のテクニックを

使ってみてください。



映像 ビデオ のことならH2O映像制作  

http://h2o-eizou.com/satuei.html

http://h2o-eizou.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハラヒロ

Author:ハラヒロ
H2O映像制作代表 原 寛が日々の映像制作で感じた事などを書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。